JSS_0179

REPORT PHOTO


01

保存

保存

保存

保存

保存

01

保存

01

保存

01

保存

01

保存

保存

01

保存

保存

01

保存

保存

保存

保存

01

保存

保存

アイコン

Profile


96年頃から単独で活動を開始。

04年2月、1st Album『おはよう日本』。
その後、長渕 剛氏のトリビュート盤「Hey!ANIKI」へ参加。
その仕事が認められ、「伝説の桜島7万5千人ライブ」に出演。

05年2月、2nd Album『根こそぎ』。

11月には日本武道館で行われた長渕 剛氏の「YAMATO」ツアーの前座を務める。
12月にSingle「オレ達の大和」発売。
映画「男たちの大和」のサポート・ソングとなる。

06年2月、3rd Album『内部告発』。
5月、渋谷Duoにて初の単独ライブ「LIVE告発」。

08年7月、4th Album『ドクタートーキョー』発表ともに、 昭和レコード設立。
この頃より公式HPにて本邦初の「音声ブログ」を開始、「ブログは般若ウェブサイ~」の名フレーズを生む。

12月大阪なんばHATCHにて開催された「ULTIMATE MC BATTLE 2008決勝大会」に
東京代表として単身乗り込み、激戦を制して優勝。

09年6月、5th Album『HANNYA』。
8月27日には約3年3か月振りの単独ライブを渋谷O-EASTにて開催、
LIVE DVD『渋谷8.27~Live at Shibuya O-EAST 2009~』を2010年3月に発売。
2010年8月、般若のライブ中、昭和レコードにSHINGO★西成が電撃加入する旨をサプライズ発表。
その模様はtwitterでリアルタイムにシーンを駆け巡り大きな話題に。

2011年7月、6th Album『BLACK RAIN』をリリース。
従来の作風にはない、抽象的表現や普遍的なテーマを掲げた作品となる。
そのツアーファイナルを2012年1月8日に地元・渋谷公会堂で開催、その模様を収めたLive DVD「渋谷公会堂 2012.1.8」を6月に発売。

また、2011年、のちに定期デイイベントとなる『昭和レコードTOUR SPECIAL』を新たに立ち上げ。
2013年、更に新たな試みとして、ライブ巧者の若手のみを厳選し、前面に押し出したイベント『乱 THIS TOWN』を東京と大阪で3月に開催。

単独ライブとこの2本のイベントを柱に、自らの表現の場所の確立と、それに共鳴した地方とのコネクションを更に強固にする。

6月25日、キャリア初となる、客演曲を中心にセレクトしたMIX CD『般若万歳』をリリース。
ライブDJを務めるDJ FUMIRATCHを前面にフィーチャーした。

7月17日、7枚目のアルバムとなる『コンサート』をリリース。多くの客演や初顔合わせのトラックメイカーを招いて制作され、自己を更新し続けていることを裏付ける内容となった。
そして2014年1月13日、渋谷AXにてワンマンライブを開催。約1200人のオーディエンスがスクワットする光景は圧巻。

当日の模様を収めたライブDVD『コンサート TOUR FINAL』を5月14日に発売。
7月23日には8枚目のアルバム『#バースデー』の発表、続いて9月15日には幾多の伝説を刻んできた日比谷野外音楽堂でのワンマン『#バースデー ワンマンライブ in 野音』を開催。

また、「昭和第三の男」ZONE THE DARKNESS改めZORNの4月16日発売の昭和移籍第一弾アルバム『サードチルドレン』を全面的に監修する。

2015年も1月14日に先の野音の模様をパッケージ化したライブDVD『9.15 野音』を発売、5月14日公開予定の品川ヒロシ監督『Zアイランド』に映画初出演(9月18日にDVD発売)、5月20日にはマキシ・シングル『ドッグラン』をリリース。

8月22日に富士山の麓で行われた『長渕剛10万人オールナイトライブ in 富士山麓』に客演参加。
9月末よりテレビ朝日系で放送開始となる民放初のフリースタイルバトル番組「フリースタイルダンジョン」にラスボスモンスターとしてレギュラー出演。
現在、9枚目のアルバムを制作中。

今後も新たな局面に挑戦してゆく般若から目が離せない。

アイコン

Discography


■1st ALBUM『おはよう日本』

■2nd ALBUM『根こそぎ』

■3nd ALBUM『内部告発』

■4th ALBUM『ドクタートーキョー』

■5th ALBUM『HANNYA』

■6th ALBUM『BLACK RAIN』

■7th ALBUM『コンサート』

■8th ALBUM『#バースデー』

■MIX CD『般若万歳』

SNS